またまた馬券師の憂鬱

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 チャンピオンズC(GT)

<<   作成日時 : 2017/12/03 11:08  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

超不定期更新のブログ・・・
馬券もなかなか購入できず、日々忙しさに追われて師走を迎えました。
これまでの馬券戦績は全く振るいませんが、
今日のチャンピンンズCからブログを再開、そして継続したい・・・
そう自分に言い聞かせるように予想を記録しておきます。

年末の中京開催での施行レースとなって4回目。
ダート1800Mは、データから内枠・先行勢が結果を出しています。
ただ、ここ2年は追込脚質が馬券に絡んおり、侮れないか・・・?、と
よく見てみたらノンコノユメやサウンドトゥルーという現時点での
ダート末脚の鬼という馬。これは馬を褒めるべくでしょう。

とはいえ、ノンコノユメ2着、サウンドトゥルー3着の2015年、
そしてサウンドトゥルーが勝った2016年とも、1000M通過は1分00台。
ハイペースに近いミドルペースだったことは有利に働いたといえます。
(3年前の2014年は、1分02秒台の通過で先行勢での決着)

では、今回のペースは?
かっ飛ばす馬も見当たらず、好枠のコパノリッキー正攻法の逃げ?
積極的に絡んでくる馬も見当たりません。
ロンドンタウン(岩田)が来る?海外帰りで無理はしないでしょう。

ということで、今年は1分00台の通過ではなく、1分02台に近い通貨と
想定しています。コパノリッキーがスプリント後で爆走しなければ・・・
差し脚自慢は自分から動けるタイプでないと厳しいと思います。

では、本命は先行勢からか?
と思ってましたが、4角で前を射程圏に捉え、末脚が残っていれば
中京の長い直線で差し切れる・・・そんな馬にも注意を払いたい。
それは・・・

ゴールドドリーム。
今回は得意の左回りだ。一叩きされて状態アップは間違いない。
前走の南部杯は出遅れが敗因とはっきりしています。
去年のチャンピンズCも出遅れ、ドバイは度外視、帝王賞は右回り。
鞍上はライアン・ムーア。
フェブラリーSを勝ったMデムーロではなく、ムーアを選択。
社台の勝負気配がプンプン匂う・・・!

そして、先行勢からは7歳馬だが、好枠のコパノリッキーを指名。
今期好調でスプリント戦でも崩れなかったスピードが魅力。
田辺がなだめて経済コースならば距離は気になりません。
チャンピオンズCは、おそらくラストチャンス。
陣営も目一杯に近い仕上げで臨んでくるでしょう。

この2頭を3連複フォーメーションの1着にマーク。

2着マークは、先行勢からチョイス。
やはり好枠のケイティブレイブ(福永)、見限れないアウォーディー
(武豊)が有力と考えます。実績馬に敬意を払って2着にマーク。

3着マークは、手広く差し馬、人気馬に印を回します。
結果、下記の馬券で勝負。


馬券:三連複フォーメーション

[1着マーク]
ゴールドドリーム
コパノリッキー

[2着マーク]※1着マークも含む
ケイティブレイブ
アウォーディー

[3着マーク]
ミツバ
ノンコノユメ
カフジテイク
テイエムジンソク
サウンドトゥルー

田辺、ゆっくりいこう。
1000Mからスピードアップ!
そしてムーアが捌いてくる!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 チャンピオンズC(GT) またまた馬券師の憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる