アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
またまた馬券師の憂鬱
ブログ紹介
日常生活と馬券を記録してます。
zoom RSS

2017年 ラジオNIKKEI賞(GV)

2017/07/02 10:05
福島開催開幕週の3歳重賞。ハンデ戦。
頭数が揃わず12頭での争いで、ペースは落ち着きそう。
小回りコースでもあり、内枠で先行力のある馬もしくは
機動力のある馬を狙ってみたい。

当てはまる馬はニシノアップルパイだろうと判断。
前走プリンシパルSでは直線果敢に先頭に立ち見せ場タップリ。
距離短縮と小回りコースを味方につけて一気の押し切りが濃厚と判断。
これの複勝で今回は勝負する。

三連複を少し買って夢をみたい。
といっても多く買う気はないので、軸2頭で流してみたい。
ニシノアップルパイとビービーガウディだ。
ビービーガウディは人気の盲点か。
右回りに不安が残るというものの、2走前はモズカッチャンの僅差2着。
ここなら十分勝負になる。
機動力の面でニシノアップルパイを上位としたが、期待の一頭。

軸2頭の相手は、2、9、10番を除いた7頭すべて。
正直何が来るのかわからない。手広くいきたい。

まずはニシノアップルパイ。
軽快に先行して力を発揮すれば自ずと結果はついてくる!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 ダービー(GT)

2017/05/28 07:12
競馬は自分の思い通りになるはずもない。
だから決めつけてはいけない。

今年のダービーは混戦模様。
1番人気はアドミラブル。最終的に3倍後半のオッズくらい?
しかし今週からCコースの利用で、18番枠は歓迎できない。
最後の最後までインコースを走れない可能性もある。
全幅の信頼は置けないと判断。

ならばスワーヴリチャード。
皐月賞は6着と伸びあぐねたが、得意の東京コースで巻き返す。
枠順も4枠でコースロスは無い。
四位もこれで外を回す競馬はよもやあろうはずもない。
(と信じている。外枠ならば外回しであっただろう)
馬券圏内を外すことは考えられない。
今年のダービーはスワーヴリチャードが主役だ。

相手筆頭はレイデオロ。
休養明けの皐月賞でも5着と見せ場あり、地力の高さを証明した。
今回絶好調のルメール騎手で2番人気を集めているが、
叩き2戦目の今回は更なるパフォーマンスが期待できる。

3番手にペルシアンナイト。
距離が不安視される面もあるが、脚を温存できればキレ味も活きる。
うまく内側に潜り込む競馬を期待したい。

4番手はクリンチャーを推す。
人気は無いが皐月賞4着で、しぶとい脚質はこの距離で武器になる。
先行策からの早め抜け出しで粘り込み・・・そんなイメージが湧く。

以下、下記の馬に印を回す。
ダンビュライト
アルアイン
カデナ
ウインブライト
アドミラブル

毎日杯以来のサトノアーサーは消し。
プリンシパルSのダイワキャグニーの相手強化で消した。

さぁ、いよいよダービー。
絶不調の2017年はここから流れを変えていきたい。

四位騎手、頼んだぞ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 オークス(GT)

2017/05/21 12:51
競馬は自分の思い通りになるはずもない。
だから決めつけてはいけない。

1番人気はソウルスターリング。
圧倒的人気の桜花賞は3着に終わったが、少し人気を落としての
1番人気でオークスを迎えそう。
今回は良馬場であり、距離も問題なさそうなので、
もうちょと人気なっても良さそうなのだが・・・

気になるのは展開か。
逃げそうなヤマカツグレースは外枠。
鞍上横山典騎手もスタート次第の構えで、ガツガツとハナを
主張することはないだろう。
対してソウルスターリングは内枠で、スタートセンスもいい。
短距離や小回りコースならば有利なことこの上ないが、
今回は逆にアダになる可能性も捨てきれない。
ルメール騎手も無理に抑えて喧嘩することはないハズ。
意外とハナか?
そんな展開が過ると手放しで信頼することは難しい。
ここは「混戦ムードのレース」と判断したい。

オークスはもともと差し、追込の馬が中心のレースであり、
今年のメンバーでいえば、リスグラシューとアドマイヤミヤビが
その代表格だ。

どちらも東京コースで勝ち鞍があり、甲乙つけがたいが、
桜花賞2着のリスグラシューを狙いたい。
この馬、一昨年3着のクルミナルを彷彿させる。
チューリップ賞こそ期待通りの走りではなかったが、
堅実な走りは地力上位の証明でもあり、距離延長に不安はない。
オークスはこのタイプを中心に考えたい。

相手筆頭格はアドマイヤミヤビ・・・といきたいところだが、
東京のレースを見ていると時計が速く、Bコース内側が有利な
状態のように見える。となると先行馬の残り目。
なので内枠の好位で折り合える馬を指名したい。

ソウルスターリングで問題ない気もするが、目標にされると
厳しいように思う。(ハナに立つ前提になってしまった)
これを見ることができるモズカッチャンやフローレスマジックか。
特にフローレスマジックに期待。
唯一のディープインパクト産駒。
伸びそうで伸びない面は歯がゆいの一言だが、距離に不安もない。
戸崎の精一杯の騎乗との相乗効果で戴冠もある。

そのほかはアドマイヤミヤビ、ソウルスターリングは外せない。
穴目では、モズカッチャン、ハローユニコーン、ディアドラ、
ホウオウパフュームに印を回す。

さてどうなのか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 ヴィクトリアマイル<反省>

2017/05/19 18:10
1着 アドマイヤリード(△)
2着 デンコウアンジュ(△)
3着 ジュールポレール(△)

本命はスマートレイアー(4着)でした。なのでハズレです。

このレースで学んだことは、
「混戦の際は一本軸にこだわらない」ということです。

ミッキークイーンが1.9倍で抜けた1番人気でしたが、
地力上位は明らかであるものの、マイルは短いイメージでした。
したがって、軸にすることはなく、相手の1頭に回します。
ここまでは良かったなぁ。(結果7着)

中心視したスマートレイアーは東京新聞杯を勝っている実力馬。
マイルは決して短いとは思いませんでした。
現時点で考えるならば、前走京都記念2着激走後で、
休養明けの7歳牝馬、一本軸に絞ることは危険でした。

ただし、予想状況を思い返すと、スローペースが予想された
展開でもあり、枠順も内枠、先行してアッサリがあって
全然不思議無いと考えたのも悪くない予想だったかと。
無意味な慰めですが・・・

残念ながら4着に終わったのは、馬場が速すぎたのもあったかも
しれません。前日は大雨だったのでパンパンではなかったのですが、
スローペースの決め手比べでは分が悪かったかと思います。
もう少し積極的にレースをして、地力で競り落とす競馬もできたか
と思いますが、それは結果論ですね。武騎手の判断が正解でしょう。

やはり2本軸にすべきでした。
ミッキークイーンを軸にしない以上、配当も問題ないはずなので。
スマートレイアーが先行ですから、差し馬から選びたい2本目の軸。
内枠に構えた上がり馬で決め手上位・・・
ということで、アドマイヤリードを2本目の軸に指名する。

そんな展開を描けなかったことが敗因ですね。センスがない。

しかし卑下ばかりしていてもお金が増えることもないので、
これからの馬券勝負に活かしていきたいと思います。

さて間もなくオークス。
天気も良さそうで、暑い良馬場での決戦となりそうです。

NHKマイルCの時計が、1.32.3ということで速い時計でした。
この時の1000m通過が57.9にも関わらず、1着、3着は先行馬。

オークスの舞台で無茶に飛ばす馬はいないと思いますので。
勿論のことスローペース。ならば上がりの決着で決め手重視。
スタミナとともに決め手上位の馬が戴冠に近い訳ですが、
そんなことは当たり前ですね。

毎年スーパーホースがいれば、オークス後も活躍できる訳ですが、
その馬がどれなのか?これを見極めることがポイントですが、
これも当たり前。

結局少ない戦績で未来を切り開ける馬を探さなければならず、
これはそうそううまくいく作業とは思えません。

なので2本軸の考え方。
決めつけない考え方。

今回は、そして今後もフレキシブルな馬券で勝負を挑みます!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 桜花賞<ハズレ>

2017/04/14 02:11
皐月賞の枠順も決まり盛り上がってきていますが・・・
桜花賞の反省をひっそりしておきたいと思います。

1着 レーヌミノル(池添)
2着 リスグラシュー(武豊)
3着 ソウルスターリング(ルメール)

最大の反省点は、穴を狙いすぎたこと。
少し思い込みが激しかったですね。いつものことですが・・・

本命は素直にソウルスターリングでしたが、
「断然の1番人気からの薄目」にこだわりすぎました。
ライジングリーズン、ゴールドケープ、アロリエットが相手で、
さらにアドマイヤミヤビにも色気を持ってしまった体たらく・・・

以前「1番人気を負かせる馬」というコンセプトの予想スタンスを
貫いていた時期があったので、このスタイルに戻そうと思います。

そう考えるとリスグラシューは狙い目の馬だった。
堅実に走るチューリップ賞組の叩き2戦目で武豊。
ここまで揃って、後からタラレバでは馬券センスがないことの
証明をしているに過ぎません・・・
オークスは人気でしょうか?狙ってみたい1頭です。

しかしホント下手くそな馬券。
見返すのがマジで嫌になります。。。

さて皐月賞。
冷静な判断ができますように・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 桜花賞(GT)

2017/04/09 14:14
先週の大阪杯はステファノスを選んでおきながら、
馬券下手をいかんなく発揮してハズレ・・・
反省しなければと思いながら、平日忙しく(言い訳)、
桜花賞当日を迎えてしまいました。

さて桜花賞。
断然人気のソウルスターリングが来るのか、来ないのか?
ここが焦点。
ここ過去3年、桜花賞1番人気は1倍台の断然人気馬が出走中。

2014年 ハープスター(1.2倍)→ 1着
2015年 ルージュバッグ(1.6倍) → 9着
2016年 メジャーエンブレム(1.5倍) → 4着

なんと2回も馬券圏外。
走る前は馬券圏内を外すなんて考えられなかった馬だろう。
それでも結果は馬券圏内。
今回のソウルスターリングも「やってしまう」可能性は十分にある。

とはいえ実績は断然。
テン良し、中良し、終い良しのスピード能力は抜けているし、
重馬場で前に行ける点や欧州血統フランケルで苦にしない印象もいい。
やはり外して買うのは勇気がいる。

したがって中心はソウルスターリング。
まさかの場合に、ポテンシャルの高さでアドマイヤミヤビを軸とした
ソウルスターリングなし馬券も買っておく。

そのほかの相手は、

ミスエルテ    
ライジングリーズン
リスグラシュー  
カラクレナイ   
ゴールドケープ  
アエロリット   
ミスパンテール  

特に狙いたいのは、ゴールドケープと丸山元気。
人馬ともクラシックGTでは荷が重い印象も否めないが、
重馬場適正には魅力を感じる。
・・・というような狙った馬が来た記憶はほとんどない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 大阪杯(GT)

2017/04/02 12:02
格上げGTとなった大阪杯。
1番人気は2016年度代表馬キタサンブラックと武豊。
GU施行の昨年2着で安定感ナンバーワン。
しかしながら単勝オッズは2.6倍前後(11時30分時点)。
複勝は断然人気なので、馬券購入者の勝ち切れないという考えが
うかがえる。本当にそうなのか?

不安要素としては、有馬記念以来の休養明けと同型の存在か。
しかしどちらも大した問題になるとは思えない。
現実に結果を残してきているパターンだ。やはり本命か。

あるとすれば決め手に長けた馬にやられる場面。
これができる馬は、そうディープインパクト産駒だ。
大阪杯は現在3連覇中と好相性のレースでもある。
今年の出走馬は・・・

ステファノス
ディサイファ
モンドインテロ
アンビシャス
マカヒキ

ディサイファとモンドインテロは一枚落ちる印象。
残りの3頭は十分に勝負になる馬だ。
アンビシャスは昨年覇者でもある。

ここに今回は賭ける。
ズバリ勝つのはディープインパクト産駒だ。
何が・・・とは言わない。そんなのわからない。
ディープインパクト産駒を買うのだ。

馬単。
その他の相手として下記3頭。

キタサンブラック
サトノクラウン
ヤマカツエース

あれれ・・・ということを考慮して、
ディープインパクト産駒3頭を軸とした三連複も買っておく。
ここに加える馬として穴馬2頭。

スズカデヴィアス
サクラアンプルール

3着には飛び込んできてもおかしくない。

以上、大阪杯の予想でした。
2週間間が開いた馬券購入。いざ勝負っ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 中山牝馬Sを取り損ねた件

2017/03/20 09:49
今更ですが、反省を。
この一件もあり、3日間開催の馬券購入を見送りました。

1着 トーセンビクトリー(武豊)
2着 マジックタイム(ルメール)
3着 クインズミラーグロ(蛯名)

馬券は、ビッシュ、マジックタイム、クインズミラーグロ、シャルールの組み合わせを軸とした三連複で勝負。
結論として、相手にトーセンビクトリーを選択しておらずハズレ。
今回の敗因である「トーセンビクトリーを消した経緯」を反省して、
今後の馬券につなげていきたいと考えています。

トーセンビクトリー。
「折り合いが付かず踏ん張り切れない」というイメージで消し。
5番人気という上位人気はユタカ人気で気にもしていませんでした。
戦績からも推せないという判断は間違ってなかったように思います。
自分で選べなかった以上は、皆さんの支持、すなわちオッズから
残しておくべき一頭であったということです。
自分だけの判断なんてホント曖昧です。
休養明けが良かったということは結果論でしょう。

三連複6300円。
幾度となく払い続けているJRA授業料ではありますが、
こういう馬券を取らないと回収率を上げることができません。

時間をかけ、丁寧に馬券考察を進めていきたいと思います。
自戒。

今日は予定もあり、フワラーCは見送ります。
レースは来週もあります。
日経賞、高松宮記念で巻き返せるように頑張りたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【結果】2017年 フェブラリーS/大島特別

2017/02/24 14:10
■フェブラリーS
ハズレ

ゴールドドリームが勝利。Mデムーロかぁ。
頭は無いと思っんだけどなぁ・・・
まぁ、的中してもトリガミ。
この買い方は荒れないとダメだからなぁ。

■大島特別
的中もガミ

3着チェリーサマーが2着ならば・・・
という典型的なタラレバ馬券。
荒れないといけなかったが・・・
そんなに都合よくいかないし・・・

今週はどうやって買おうかしら?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 フェブラリーS

2017/02/19 08:10
まるで競馬が当たりません・・・
土曜も手当たり次第に食い散らかしながら全敗という有り様。
どの馬を、どう買えばいいのか?
大きな壁にブチ当たってしまったように思います。
そんな中でフェブラリーS。

東京ダートマイル戦なので外目の枠を中心に考えます。

サウンドトゥルー
ゴールドドリーム
コパノリッキー
アスカノロマン
モーニン
ベストウォーリア
カフジテイク
ノンコノユメ
エイシンバッケン
インカンテーション

このあたりが馬券圏内と予想。
馬券は馬単で。

ベストウォーリア
カフジテイク
ノンコノユメ
エイシンバッケン

上記4頭からの36点。

もう1つ、最終レースの大島特別にチャレンジ。

ダイワインパルス
アナザーバージョン
ヒドゥンブレイド
ダウトレス
レザンドゥオール
シュテルングランツ
チェリーサマー
サトノスピードオー
リターンラルク
メリートーン
ワンパーセント
アイアムナチュラル
コロマンデル
オニノシタブル

馬券は馬単。

アナザーバージョン
シュテルングランツ
ワンパーセント
オニノシタブル

上記4頭からの52点。

流れをつかみたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年2月5日(日) 回収率と反省

2017/02/07 00:42
予想をブログにアップすることは時間的にも厳しい今日この頃、
シンプルに馬券成績と回収率を明記していくことにします。

【購入レース】
東京1R 未勝利 ×ハズレ
東京3R 未勝利 ×ハズレ
東京8R 4歳上500万下 ×ハズレ
東京11R 東京新聞杯 ×ハズレ
京都10R 山城S ○的中
京都11R きさらぎ賞 ○的中
京都12R 4歳上1000万下 ×ハズレ

【回収率】
60.9%

【特記事項】
東京1Rは2着馬(5番人気)がヌケ。上位人気で無視は失敗。
東京2R、京都12Rはタテ目で決着。軸馬を大事に選びたい。

次週以降、回収率を上げられるように頑張りたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年 京成杯【予想】

2017/01/15 11:41
・オッズは気にせず、天邪鬼な考えはしないスタンスで予想。
・狙いを定めてきた馬に注目。

【京成杯】
中山2000メートルなのでインコースをそつなく走れる馬を重視。
メンバーは小粒な印象。

1番人気コマノインパルスは割引ポイントは無いと感じるが、
大物には敵わないイメージが過る。

そこで今回の本命はベストリゾートを指名。
外枠なので距離損は否めないが、その分決め手でカバーしてくれそう。
ハービンジャー産駒で2015年のベルーフを彷彿させる。期待。

2番手は大物感を先物買いということでサーベラージュ。
新馬戦は圧勝。テンに行ける素軽さと絶好枠を活かせれば連勝もある。

そのほか、下記の馬を相手として馬券検討。
マイネルスフェーン
ポポカテペトル  
ニシノアモーレ  
サンティール   
コマノインパルス 
アサギリジョー  

イブキは休養明けの分割引。決め手の差もありそう。今回は買わない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 チャンピオンズC(GT)

2016/12/04 09:37
◎コパノリッキー
〇サウンドトゥルー

上記2頭を中心に組み立てます。

当たって欲しいな・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 ジャパンカップ(GT)

2016/11/27 03:33
◎リアルスティール
〇ゴールドアクター
▲ビッシュ

上記3頭を中心に馬券を組み立てます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 アルゼンチン共和国杯(GU)

2016/11/06 10:21
多忙を理由にしてはいけませんが、競馬に集中できる体力がなく・・・
そんな生活を立て直した今回はアルゼンチン共和国杯を買います。
多忙ではありましたが、馬券に手を出すことは諦めきれず、
結果、負け金額が大きくなっていく、そんな展開の2016年下期。
予想のスタンスを変えて複勝コロガシで挑みます。
そして、いずれ大きな勝負をしたいところ・・・!?

今回のアルゼンチン共和国杯ハンデ戦は横一線の激戦と考えています。
何が勝ってもおかしくない。展開や勝負のアヤ次第でしょう。
そんな中、◎指名はシュヴァルグラン。
宝塚記念以来ではありますが、春の実績から地力は一枚上。
休養明けでの58キロという面で不安材料が無い訳ではありませんが、
スタミナ勝負になりがちな東京2500Mの適正はあると考えています。
左回りやそもそも東京コースが合わないという可能性もありますが・・・
友道厩舎、大魔神と2頭出しの今回、もう一皮むけてJCという
シナリオも想像に難くありません。
少なくとも複勝圏内はカタいと判断して◎とします。

色気を出して、ワイドを少し・・・
モンドインテロ、アルバート、ヴォルシェーブは人気なので、
ハンデ戦の妙味でショウナンバッハ、クリールカイザー、
フェイムゲーム、レコンダイトを買っておきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 ラジオNIKKEI賞(GV)

2016/07/03 11:10
いよいよ夏競馬。福島、中京の開幕です。
一足先の函館とともに夏競馬の季節が到来です。
そして暑い。。。

さて今週は福島、ラジオNIKKEI賞を買います。
開幕週での小回りコース、良馬場での試行でしょうか?
先行馬が少なく、落ち着いた展開となりそうですが、
小回りコースを意識すれば早めの仕掛けで、目標となる逃げ馬は
少し厳しくなるかもしれません。
ロードヴァンドールは3着まででしょうか・・・?
人気のブラックスピネルは大外枠。歓迎できません。
外々を回る展開で武豊Jでの過剰人気感も出ていそうなので
ヒモに回します。これも3着まで・・・?

やはり狙いは内枠の先行〜好位馬でしょう。
となれば戸崎Jのゼーヴィント。スタートを決めて好位確保を!
やや包まれる心配も無きにしも非ずですが、徐々に順位を上げて
いけば、それほど気にするところではないと思います。本命視。

相手はジョルジュサンクを指名。
気持ち距離が短いかな・・・と思いますが、先行馬も少ないので
田辺Jが好枠から前へと促せば好位のポジションは取れそう。
あとは逃げるロードヴァンドールを4角で捉える展開で前残り。
そんなレースを描いています。

上記のような展開ならば、3着は決め手ある差し・追込を狙いたい。
指名は、京都で差し切り勝ちの松山J鞍上のナイトオブナイツ。
更には江田J鞍上のストーミーシー。
そしてブラックスピネルもここに付け加えます。
特にナイトオブナイツの決め手炸裂!という展開を期待しています。

以下、アップクウォーク、ロードヴァンドール、ピックミータッチ、
アーバンキッドを三連複のヒモで買っておきます。

暑い夏を乗り切るためにも当てたいところ・・・!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 宝塚記念<回顧>

2016/06/30 01:55
1着 マリアライト(無印)
2着 ドゥラメンテ(○)
3着 キタサンブラック(×)

ドゥラメンテが入線後下馬・・・そして引退。
冴えない予想とともに、ターフから名馬が去ることは残念です。
細江純子さんの輪乗り注目馬で、トーホウジャッカル、
サトノクラウンの名前が出た時が一番盛り上がりましたね・・・

やはりマリアライトを無印にしてしまうのがいただけない。
現時点での予想レベルでは、それも仕方ない(自虐・・・)
強豪牡馬混合戦ではいらないと安直に消してしまうなんてね。

展開もユタカにしてやられた。
さすがだ。あの馬場で5ハロン通過59.1のハイペース。
3着に残した馬も強いが、肉を切らせて骨を断つ戦法は
そこらの騎手にはできない芸当。
5ハロン過ぎに「これで消えた」と思った自分が全く恥ずかしい。

狙ったサトノクラウンは6着。
道悪巧者ならこっちだと思ったが、完成度でまだ見劣った印象。
これからの伸びシロに期待したい。
岩田騎手に文句もない。時ではなかったというだけだ。

次位のトーホウジャッカルは道悪は向かないのだろう。
よくよく考えれば、サトノクラウンとセットで買うのはおかしい。
父スペシャルウィークでこなすかな・・・と勝手な予想だった。

穴でねらったアンビシャス、フェイムゲームはブービーとシンガリ。
これじゃ当たらない。

「コース×馬場×展開」
これを忘れずに予想しなければいけません。できてません・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 宝塚記念(GT)

2016/06/26 10:37
2016年上半期も終わりです。宝塚記念を予想してみました。

今回のキーポイントは、「馬場」なのでしょうか?
晴れてどのくらい馬場が回復するのか?
在阪ではありませんので、イマイチ予想しにくいですが・・・
午前10時現在で「重」。記録上は「やや重」での施行でしょうか?
しかし実際は「重馬場に近い」のか、「良馬場に近い」のか、
ここの取捨になると考えました。
もともと阪神コースなので直線の坂を考えればパワー兼備の馬を
買いたいところでもあります。

一方、展開面ですが、またしてもキタサンブラックの一人旅・・・
競っていく馬は見当たりません。
淡々とした宝塚記念になってしまうのでしょうか?
カギはやはり1番人気ドゥラメンテのMデムーロ騎手の出方次第。
キタサンを先にやらせて直線までガマンするのかどうか?
答えは「ノー」です。勿論、私見です。
今回は3〜4角で捲りに入り、キタサンを潰しにかかると見ました。
ちなみにルメール騎手も同様の策を取ると見てます。
これでキタサンブラックは苦しくなりました。
さあ捲ってしまっても現役最強ドゥラメンテ、簡単には止まりません。
しかしいつもより脚を使う分(キタサンを捲るのは容易ではない)、
直線での脚はいつもほどではない・・・しかも道悪が残れば・・・

さらにもう1列後ろの差し馬です!
ここが今回の軸馬、本命視します。
すなわちドゥラメンテを見ながら一緒に動ける道悪巧者!
この条件に当てはまる馬を軸としたい!
さてドゥラメンテの外側にいる差し馬を考えると・・・

 ・トーホウジャッカル
 ・サトノクラウン

この2頭を候補に絞りました。
タッチングスピーチだって、ドゥラメンテの外側の差し馬だけど、
阪神内回りでは厳しいと言わざるえない。他も同様。
前述2頭のどちらか?どちらなのか?
ここで道悪巧者のファクターを採用して、本命はサトノクラウン!
鞍上は岩田!2016年は重賞未勝利!
ここだ、ここで勝って存在感を見せつけてやれ!
随分な嫌われっぷりだけど、僕は岩田を応援している!
ここが踏ん張りどころだ!

・・・と岩田狂信者の予想みたくなってしまいましたが、
そういうわけでもなく、馬の伸びシロにも期待しています。
4歳で血統面からも奥がありそうな馬。
人気になる前が狙い目と判断しています。

◎サトノクラウン
○ドゥラメンテ

今度は堀厩舎の狂信者みたいな予想になっている・・・!
でもこれはある。以下、

▲トーホウジャッカル

復活の日は近い!

△ステファノス

叩き2戦目での本領発揮!

×キタサンブラック
×ラブリーデイ

地力ありますから・・・

★アンビシャス
★フェイムゲーム

アンビシャスも買うは買います。インコースで怖い。
大穴はフェイムゲーム。嵌れば3着はありそう・・・かな?

馬券の種類はまだ考えてませんが、
上記の馬以外が圏内にくれば、それはハズレです・・・

さて今年の宝塚記念、如何に?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年 ダービー(GT)

2016/05/29 10:46
予想のみ更新します。
回顧のとき笑いたい。

ミドルペースでも、速い上りが要求される展開、馬場と判断。
Dコースでインコースに集中すると後方からは脚を余す可能性あり。

一番強いのはリオンディーズ!
皐月賞でも一番キツい競馬。
折り合いだけだが、Mデムーロがそう何度もしくじるとは思えない。

◎リオンディーズ
○サトノダイヤモンド
▲ロードクエスト
▲エアスピネル
△マカヒキ
△ディーマジェスティ
×スマートオーディン
×レッドエルディスト
×ヴァンキッシュラン

馬券をどう買うか??
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年5月20日 本日の稼動

2016/05/21 02:06
なかなか更新もせず、多忙な仕事の日々ではあるものの・・・
少しでもいいからしっかり更新して、人生をしっかり生きていこう。
金曜日ということもあり疲れが溜まっていたので早々に帰宅。
といっても、掃除関係の家事があり、何だかんだ12時まで清掃活動。
汚い家に住むのもなんなので、これは仕方ない。
その後、メールチェックや家計管理をおこなう。
深夜時間ではあるが、棚上げしていたヴィクトリアマイル回顧と
平安S、オークスの過去レース傾向を確認する。

明日はオークスを徹底予想しよう!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

またまた馬券師の憂鬱/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる